あらすじ毎週更新! 役柄紹介、記者会見リポートも! 2012年冬ドラマ

家族八景 Nanase, Telepathy Girl's Ballad
1月24日 スタート TBSほか 毎週火曜 深夜0:55〜深夜1:25
出演者
木南晴夏 ほか
スタッフ・音楽
原作:筒井康隆「家族八景」(新潮社)/脚本:佐藤二朗/脚本:池田鉄洋/脚本:前田司郎/脚本:江本純子/脚本:上田誠/演出:堤幸彦/プロデュース:平部隆明/プロデュース:神康幸/プロデュース:竹園元/プロデュース:深迫康之
概要
木南晴夏演じる人の心を読める家政婦が、家庭の秘密を暴いていくSFホームドラマ
原作は、1970年代に筒井康隆が発表したSF小説で、人の心を読める主人公・火田七瀬が活躍する3部作“七瀬シリーズ”の1つ。そんな文学界の奇才が世に送り出した作品を、映像界の奇才・堤幸彦がドラマ化。また、脚本には、俳優としても独特の存在感で人気の佐藤二朗や池田鉄洋らを迎え、人の心の裏側というアンタッチャブルな扉をこじ開ける。主人公は、堤がメガホンをとった映画 「20世紀少年」(2009年)にも出演した木南晴夏。家政婦に扮し、能力を使って家庭に潜む本音を明るみにしていく。変幻自在な演技を見せる注目の若手女優・木南が、連ドラ初主演作で、毎回どんな演技を見せるのか、楽しみだ。
キャラクター紹介
火田七瀬(木南晴夏)
人の心を読むことができるテレパス。自分の能力を周囲に知られないよう、ひた隠しにしながら、家政婦として様々な家庭を転々と渡り歩いている。