あらすじ毎週更新! 役柄紹介、記者会見リポートも! 2012年春ドラマ

37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜
4月10日 スタート フジテレビ系 毎週火曜 午後10:00〜午後10:54(初回は午後10:00〜午後11:09)
出演者
草なぎ剛/水川あさみ/ミムラ/田辺誠一/松平健 ほか
スタッフ・音楽
原作:川渕圭一「研修医純情物語〜先生と呼ばないで」(幻冬舎)ほか/脚本:古家和尚/演出:三宅喜重/演出:白木啓一郎/プロデュース:木村淳
主題歌:サカナクション「僕と花」
概要
草なぎ剛が“凡人のヒーロー”として奮闘! 37歳脱サラ研修医が見た大学病院のリアル
37歳で医師になった元サラリーマンの研修医が、信念のもと突き進み大学病院に革命を起こすヒューマンドラマ&ラブストーリー。医師役は初となる草なぎ剛が、天性の才能をもつスーパーマンではない、どちらかといえば不器用な遅咲きドクターを“凡人のヒーロー”として演じる。現職の医師が書いたエッセイ的小説をもとに、オリジナルストーリーを構築。主人公の目で見たリアルな大学病院の姿を通して、時にシリアスに時にコミカルに、現代医療の問題点を浮き彫りにしていく。脚本を手がけるのは、「任侠ヘルパー」でも草なぎとタッグを組んだ古家和尚。
キャラクター紹介
紺野祐太(草なぎ剛)
東央大学病院「総合内科病棟」に勤務する37歳の研修医。勤めていた食品メーカーを30歳で辞め、医学部に入り直したという異色の経歴をもつ。一回り以上も年の離れた若い研修医仲間に混じって、体力や記憶力の衰えを感じながらも、ひたすら懸命に医者としての信念を貫くべく努力をする。大学病院の古い体質を目の当たりにし、「医者もサービス業だ」「患者が本当に求めている医療サービスを提供したい」との考えをもつ。
沢村瑞希(水川あさみ)
祐太とは同期の研修医。医学部を首席で卒業しエリート街道をつき進む、同期研修医たちのリーダー的存在。祐太とは何かと衝突する。
葛城すず(ミムラ)
祐太の恋人。7年前、祐太と旅行中に事故に遭い、出血性ショックと腹部損傷から腎不全に。さらに事故のショックで失声症になった。
森下和明(田辺誠一)
総合内科混合病棟の准教授で、腎臓内科の権威。辛口な職人肌の医師で、当初は祐太に対して批判的だが、言うことは正論。
佐伯毅彦(松平健)
総合内科混合病棟の教授で内科学部長。次期病院長候補の最有力者。研究や政治優先で、患者をモルモットのように扱う。
記者会見情報
SMAPの草なぎ剛が、30歳で脱サラして医学の道を志して37歳で研修医となった男を演じる「37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜」の制作発表が行われた。登壇したのは主演の草なぎ剛のほか、水川あさみ、ミムラ、八乙女光、松平健ら9人。舞台が大学病院とあってミムラ以外は白衣姿で現れ、華やかな中にも緊張感が漂う会見となった。初めての医者役となる草なぎは、「普通の医療ドラマではなく、人生は幾つになってもリスタートできるというメッセージが込められている点が気に入りました」と語った。ドラマに因んで“やり直すなら何をしてみたい?”という質問には「ロナウジーニョ!」と即答。なんでも5年ほど前に訪ねたバルセロナのロナウジーニョの家が素晴らしかったというのが理由らしい。ほかには「料理人」(水川)、「ラーメン屋」(八乙女)、「デザイナー」(松平)といった答えが飛び出すなど、それぞれの意外な一面が垣間見えた会見だった。
人生は幾つになってもリスタートできるというメッセージを伝えたいです(草なぎ剛/紺野祐太)
素敵なキャストのみなさんと毎日本当に楽しくお芝居をしています。初めての医者の役ですが、普通の医療ドラマではなくて、人生は幾つになってもリスタートできるというメッセージが込められているところが非常に気に入っています。病院の中では誰が正しいとか誰が間違っているとかではなく、みんながそれぞれ一生懸命やっていて、その結果としてぶつかり合ってしまうのも見どころの一つだと思います。僕が演じる祐太自身も間違っている部分はあったりもするんですけれど、一生懸命やっている姿が視聴者のみなさんに伝われば面白いドラマになると思いますので、期待していてください。(人生をやり直すなら何をしてみたいか聞かれて)ロナウジーニョになりたいです。5年ほど前にバルセロナにあるロナウジーニョさんのお宅にお邪魔したことがありまして、リビングが広くて目の前に海が広がっていて、すごく良いところで…。そういうところに僕も住みたいなと思いました(笑)。
私が演じる沢村瑞希はすごくクールで言いたいことをズバズバ言う女性です(水川あさみ/沢村瑞希)
私が演じる沢村瑞希は祐太とは真逆の考え方の持ち主で、とても現実的でクールで、白黒はっきりしていて言いたいことをズバズバ言う女性です。そんな瑞希が、祐太という希望に満ちたキラキラした人と出会ってどう変わっていくのか。それは瑞希にとってのリスタートでもありますので、大切に演じたいと思います。(やり直すなら何をしたいか聞かれて)料理人になりたいです。草なぎさんと料理の話をしていて、カレーのレシピになったときに、“そんなことも知らないの。それヤバイよ!”みたいな言い方を何度もされて…。それがすごく悔しかったので、料理人になって見返したいと思います(笑)。
周りを見ると右も左も白衣ばかりで自分だけ私服で心もとないです(笑)(ミムラ/葛城すず)
(役柄同様、手話を交えながら)葛城すず役を演じさせていただきますミムラと申します。手話を使う役なので、今、片手だけですけれどやってみました(笑)。ふだんセリフを言っているのと手話をしながらではだいぶ違う部分や発見もあるので、そのあたりも楽しみながら演じています。とにかく人の心に触れるような素晴らしい台本で、すごい作品に参加できて幸せだなと思っているのですが、ふと周りを見ると右も左も白衣ばかりで、自分だけ私服で参加しているのが心もとないような感じです(笑)。そういった意味では病院の外側の人間として新しい風を入れながら、ドラマに違う視点を与えられるような役としてがんばりたいと思います。
下田は視聴者のみなさんに親近感を持ってもらえるような役です(八乙女光/下田健太郎)
僕が演じる下田健太郎は、4人の研修医の中でも医師になる決意が少し弱くて、医療現場のマイナス面をズバズバと言ってしまうような役で、ドラマを見てくれている方が一種の親近感を持っていただけるような人間です。そんな下田が、紺野先生やエリートの瑞希さんと出会って、どんなふうに医者を目指していくのか見守っていただけたらいいなと思っています。
自分の意志を貫きたいと思っている人の背中を押してくれるようなドラマです(桐山漣/谷口篤志)
お坊ちゃま研修医の谷口篤志役の桐山漣です。これまではどちらかというとチャラくて女性に甘い役を演じることが多かったんですけれども、今回初めてこういった役をいただいて、すごく新鮮な気持ちで撮影に臨んでいます。このドラマは、たとえ周囲の人と意見が違ったとしても、自分の意志は貫きたいと思っている人の背中を押してくれるような、すごく人情味がある温かいドラマになっていると思います。毎週、テレビの前で楽しんでもらえればうれしいです。
ただの嫌な奴ではなくて、1人のちゃんとした人間を演じたいです(斎藤工/新見悟)
僕が演じる新見悟は紺野祐太の指導医で、けっこう怒鳴っているシーンが多いのですが、でもそれもまた体制側の意見として一つの正論でもあります。そういう人と人とのつながりの中で、何が正解かということを僕も考えながら演じていきたいと思います。人はやはり1人では変われないと思うので、祐太に感化される部分がどうやって悟の中に生まれていくのか楽しみにしています。ただの嫌な奴ではなくて、ちゃんとした人間を演じたいと思います。
映像のお芝居は初めてなので毎日ドキドキしながら撮影に臨んでいます(真飛聖/相澤直美)
私は昨年まで宝塚歌劇団にいまして、映像のお芝居は今回が初めてで、内心ドキドキ、そして毎日てんてこ舞いで撮影に臨んでいます。相澤直美は看護師長として看護師や研修医をしっかりまとめていかなくてはならない役なのですが、つい男役をやっていた貫録みたいなものが出てしまって、監督が飛んでくるという事件も何回か起きています(笑)。それでもみなさんが温かく見守ってくださっているので何とか無事に過ごしています。祐太の高校時代の同級生という面でも、現実的な直美と夢を追いかけている祐太の対照的な部分を意識して演じていきたいと思います。
1人の医師として患者さんたちと真摯に向き合う姿勢を見せたい(田辺誠一/森下和明)
僕が演じる森下和明は、草なぎさん演じる紺野先生が持っている熱と松平さん演じる佐伯教授の持っている現実感のちょうど中間にいるような役柄です。実際に撮影していて感じることは、病気って本当に不条理だし、起こらないといいなとみんな思うんですけれど、実際には起こっています。患者さんは病と向き合っていますので、僕たち医者は根拠がある方法でそれを一つ一つ治していくという姿を見せられればいいなと思いますので、よろしくお願いします。
患者より利益重視の教授役ですが、スイーツ大好きな可愛い一面もあります(笑)(松平健/佐伯毅彦)
佐伯毅彦教授を演じさせていただきます松平健です。佐伯も若くて医者になりたての頃は患者さん思いの人柄だったと思いますが、権力を持つに従って経営中心になってまいりまして、今では患者より利益を上げることのほうが中心になってしまいました。でも、スイーツが大好きという可愛い面もあります(笑)。こんな教授が本当にいたら嫌だなと思われるような役ですけれど、どうぞよろしくお願いします。