あらすじ毎週更新! 役柄紹介、記者会見リポートも! 2011年夏ドラマ

京都地検の女
7月7日 スタート テレビ朝日系 毎週木曜 午後8:00〜午後8:54(初回は午後8:00〜午後9:48)
出演者
名取裕子/寺島進/益岡徹/渡辺いっけい/大塚千弘/蟹江敬三 ほか
スタッフ・音楽
脚本:西岡琢也/脚本:塩田千種/脚本:岩下悠子/脚本:洞澤美恵子/脚本:難波江由紀子/監督:石川一郎/監督:黒沢直輔/監督:藤岡浩二郎/プロデュース:井土隆/プロデュース:井上千尋
主題歌:高橋真梨子「この蒼い地球(ほし)のように」
概要
名取裕子演じる主婦検事の活躍を描くシリーズに、初の女性刑事が新加入!
名取裕子扮する女性検事・鶴丸あやの活躍を描く人気シリーズの第7弾。主婦ならではの視点から、送致されてきた犯人の心の奥に潜む真実を解き明かしていく様子を、京都の情緒たっぷりな街並みを背景に描き出していく。あやと対立する慇懃無礼な刑事役の益岡徹、あやの腰ぎんちゃくで検察事務官役の渡辺いっけい、あやの上司役を蟹江敬三、僧侶の資格を持つ異色刑事役の寺島進ら、大黒柱・名取を取り巻く実力派レギュラー陣も健在。さらにこのレギュラー陣にシリーズ初となる新人女性刑事・栗原美波が加入。演じるのは舞台や映画で活躍する大塚ちひろ改め大塚千弘。フレッシュな新風が吹き込んだ今シーズンも、あやの“主婦の勘”が冴えわたる!
キャストプロフィール
鶴丸あや(名取裕子)
京都地検の女性検事。主婦の勘を武器に、彼女ならではの視点で難事件を解決に導く。私生活では、東京に夫を残し、大学生の娘・りんと風情あふれる日本家屋での2人暮らし。市場や商店街などで、仲良し主婦たちと井戸端会議を繰り広げるのが日課。その会話内容から事件解決のヒントを得ることも多々ある。
成増清剛(寺島進)
実家が禅寺で僧侶の資格を持つ京都府警の刑事。自分の捜査に自信があるため、地検が口を挟むことを嫌う。
池内弘二(益岡徹)
中京警察署の刑事。あやには慇懃無礼な態度で接し、対立は増す一方。意外にも愛妻家の一面を持つ。
太田勇一(渡辺いっけい)
ベテラン事務官。あやの補佐役として雑務をこなす。典型的な事なかれ主義で、あやの暴走にうんざり気味。
栗原美波(大塚千弘)
中京警察署の新人刑事。池内とコンビを組み、ひたむきに捜査に奔走する。男所帯である中京署の紅一点。
高原純之介(蟹江敬三)
京都地検刑事部副部長。あやの直属の上司であり、よき理解者。あやの主婦の勘、検事としての実力を認めている。