あらすじ毎週更新! 役柄紹介、記者会見リポートも! 2011年夏ドラマ

全開ガール
7月11日 スタート フジテレビ系 毎週月曜 午後9:00〜午後9:54(初回は午後9:00〜午後10:09)
出演者
新垣結衣/錦戸亮/平山浩行/蓮佛美沙子/荒川良々/竹内力/薬師丸ひろ子 ほか
スタッフ・音楽
脚本:吉田智子/演出:武内英樹/プロデュース:若松央樹
主題歌:Every Little Thing「アイガアル」/エンディング曲:関ジャニ∞「ツブサニコイ」
概要
新垣結衣&錦戸亮が繰り広げるハートウオーミング・ラブコメディー
最強の女と最弱の男が繰り広げる、痛快子育てラブコメディー。野心的な新人弁護士の“最強の女”を新垣結衣、1人で子育てに奮闘するイクメンの“最弱の男”をNEWS・関ジャニ∞メンバーの錦戸亮が演じる。連続ドラマ初主演、初の弁護士役、初のラブコメディー挑戦と、初めてづくしの作品に挑む新垣は、「今まであまり演じたことのないタイプのキャラクターですが、楽しんでやりたいなと思っています」と意気込みを見せている。強烈な2人のキャラクターがぶつかり合って恋に発展していくストーリー展開はもちろん、子育てを通じて2人が成長していく過程からも目が離せない!
キャストプロフィール
鮎川若葉(新垣結衣)
世界を股にかける国際弁護士を目指すキャリアガール(キャリ女)として輝かしい未来を夢見ている。外資系の鮫島桜川法律事務所で新人弁護士として働いている。勤務している法律事務所所長の娘の世話を頼まれ、保育園で知り合った草太と、子どもたちの面倒をみることになる。
山田草太(錦戸亮)
下町の定食店「ル佐藤」で働く料理人。人が良く騙されやすい人情家で、マンションの隣人の息子を1人で育てることになり、育児に奮闘している。若葉と一緒に、イクメン仲間の子どもたちの面倒を見ることになる。
新堂響一(平山浩行)
鮫島桜川法律事務所で働く弁護士。法曹界のサラブレッドで、早く独立したいと思っている。若葉と似たような考え方を持っていて、若葉の憧れの存在。
汐田そよ子(蓮佛美沙子)
鮫島桜川法律事務所の所長・桜川昇子の秘書。ゆとり世代の象徴のような性格で、育ちが良く、マイペース。
林佐間男(荒川良々)
草太のイクメン仲間で劇団俳優。草太の勤めている定食店「ル佐藤」に入り浸っている。
花村園長(竹内力)
昇子の娘・日向や草太が育てているビー太郎たちが通っている三葉の森保育園の園長。優しい性格の持ち主。
桜川昇子(薬師丸ひろ子)
若葉が勤める鮫島桜川法律事務所の所長で、やり手のカリスマ弁護士。一人娘の日向の世話を若葉に依頼する。
記者会見情報
新垣結衣主演の月9ドラマ「全開ガール」の制作発表が都内ホテルで行われ、新垣をはじめ、錦戸亮、子役の谷花音、高木星来や竹内力、薬師丸ひろ子ら豪華キャストが集結。この日は七夕ということで、子役の2人は浴衣に身を包んで登場し、可愛らしい姿を披露した。脚本を担当する吉田智子が「世の中は何でもかんでもブレーキがかかっていると思うのですが、主人公の若葉が皆さんの心のアクセルを踏み込んで、爽快で元気な気分にしてくれると思います」と挨拶すると、新垣は「難しい役ですが、楽しんで演じたいと思っています」と意気込みを語った。また、薬師丸が「皆さんといろんな話をしていく中で、乗り切っていこう! と思えました」と話すなど、キャストたちがひとつになって作品に取り組んでいる様子が伺えるパワー“全開”の会見となった。
若葉と一緒に私自身も成長していけるように頑張りたいです(新垣結衣/鮎川若葉)
鮎川若葉は夢に向かって真っ直ぐで、プライドを持っている人です。そして頭が良くて、人に対して偉そうで…(笑)。自分とは似ているところがないので難しいですが、楽しんで演じたいと思います。今回、連続ドラマ初主演ですが、周りの役者さんたちに支えていただいているので、ポジションを考えずに精一杯やっていこうと思っています。撮影では、監督からセリフの流れを大切にして、速いテンポで話してほしいと言われたので、そこを気をつけて一生懸命やっています。(錦戸亮演じる山田草太との掛け合いは)若葉はキャラクター的にすごく強気でズバズバと言うのですが、草太はそれを受け入れてくれるので、そのギャップが面白いと感じています。“夢はお金と地位を手に入れること”と恥ずかしげもなく言ってしまえるくらい真っ直ぐな若葉が、草太たちとの出会いや、子どもたちと接することで、温かみのある、愛のある人に成長していくところが見どころだと思います。若葉と一緒に、私自身も成長していけるように頑張りたいと思います!
子育ての手を休めて、子どもと一緒に見ることのできるドラマにしたいです(錦戸亮/山田草太)
監督がディズニー好きだということで、初めて監督とお会いしたときにダボっとした服を着ていたら、「アラジンっぽいね。その感じでいこう!」と言われました。あと、キラースマイルをしてくれ、と言われまして…。ニコッと笑っているだけなんですが、試行錯誤しながら一生懸命やっています。新垣さんとの掛け合いのシーンでは、こんなにののしられるのか! という感じですが、こんなにキレイな人に言われたら、うれしいですね(笑)。現実に、草太のようなイクメンの方もいると思うので、月曜9時は子育ての手を休めて、子どもと一緒に見ることのできるドラマになるといいな、と思います。すごく楽しくて、明るいドラマになっていると思うので、僕自身も楽しみにしています!
生意気なお嬢さまを頑張って演じています(谷花音/桜川日向)
桜川日向は、生意気なお嬢さまなので、それを頑張って演じています。演じていて、とっても楽しいです! よろしくお願いします。
頑張って演じたいと思います!(高木星来/山田笑太郎)
(自分が演じる)ビー太郎がおとう(錦戸)と元気に、仲良しなところを頑張って演じたいと思います!
壁が高いほど乗り越えた達成感が出ると思うので、頑張ります(荒川良々/林佐間男)
今まで、自分がイクメンという言葉を発したことがなかったですし、自分がイクメンを演じることになるとは思っていなかったです。壁が高いほど乗り越えた達成感が出ると思っています。一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします。
自分たちも笑いの溢れてくる元気なコメディーです(鈴木亮平/西野健太郎)
僕はおもちゃ工場で働いているイクメン、という設定です。けん玉とかを作っていると思っていたのですが、用意されていた衣装に油などの汚れがついていたので、何を作っているのかな〜? と思いながら演じています(笑)。この作品は、撮影現場で演じている自分たち自身も笑いの溢れてくる元気なコメディーになっています。
実生活でも子どもが2人いるイクメンです!(皆川猿時/鶏井宏)
私は、やむを得ずイクメンをやっている、という設定です。私は実生活でも2人の子どもがいるイクメンなのですが、やっと解放された! と思って現場に来たら子役がいっぱいいて…。正直うんざりしているんですが(笑)。最後には、みんなカワイイな、と思えるようになればいいなと思います。
楽しいドラマに出演させていただけて幸せです(皆藤愛子/花村うらら)
連続ドラマに出させていただくことが初めてで不安だったのですが、現場では皆さんが本当に温かくて、子どもたちもとてもかわいくて、楽しく演じています。(普段出演している)「めざましテレビ」では、雰囲気やその時々で内容を変更することがありますが、ドラマはこだわってすべて決められているので、かなり緊張します。竹内(力)さんがお父さん役なのですが、若くてカッコイイと思いました。お会いする前は「ちょっと怖いかな」という印象を持っていましたが、優しくてチャーミングな方だと思いました。楽しいドラマに出演させていただけて、幸せです。よろしくお願いします!
醜い感情を楽しんで“全開”で演じていきたいと思います(青山倫子/九条実夏)
私は弁護士で、しっかり仕事をしている感じの役なのですが、(新垣演じる鮎川若葉をイジめる役なので)人をイジめるのって楽しいな〜、なんて思いながらやっています(苦笑)。普通なら人に隠すべき感情をストレートに出せるのはこんなに楽しいのか、と感じました。若葉に対して芽生える嫉妬など、醜い感情を楽しんで全開で演じていきたいと思います。
子どもたちに囲まれながら楽しくやっています(竹内力/花村仁)
今回、民放の連続ドラマ出演は15年ぶりくらいになるので、現場の雰囲気で時代の流れをしみじみを感じています。泥んこ教育を熱心に推し進めていく役柄です。子どもたちに囲まれながら非常に楽しくやっているので、怖がられないようにしたいと思っています。娘役の皆藤(愛子)さんはとてもかわいらしくて、自分の娘だったらうれしいな、と思いますね。
見てくださる方に元気と笑いをお届けしたいと思います(薬師丸ひろ子/桜川昇子)
バリバリの弁護士役を演じます。(新垣)結衣ちゃんから「怖〜」と言われていますが、とてもやりがいのある役です。今回、震災などがあったので、お話を頂いたときは乗り切れるか不安でしたが、皆さんといろんな話をしていく中で、乗り切っていこう! という気持ちになりました。今はこの作品に出合えてよかったと思っています。弁護士の役は初めてなんですけれども、自分の人生の中でこんなに早口でしゃべったことはない、というくらい、とにかく早口で話しています。そんな風に仕事をしている一面と、子どもと接する場面での顔と、いろんな顔が持てるので、演じていてとても楽しいです。私がこの作品で出演者の皆さんに力をもらっていることが、作品を通じて見てくださる方に元気と笑いをお届けできるのでは、と思っています。