あらすじ毎週更新! 役柄紹介、記者会見リポートも! 2011年秋ドラマ

坂の上の雲 第3部
12月4日 スタート NHK総合 毎週日曜 午後7:30〜午後9:00
出演者
本木雅弘/阿部寛/菅野美穂/児玉源太郎/東郷平八郎 ほか
スタッフ・音楽
原作:司馬遼太郎「坂の上の雲」(文藝春秋)/脚本:野沢尚
主題歌:麻衣「Stand Alone」
概要
近代日本が迎えた最大の危機・日露戦争を通じて、明治期の群像を描く壮大なドラマ
撮影開始から4年、足かけ3年をかけて放送してきたスペシャルドラマの完結編。時は、日本が近代国家への道を歩み出した明治期。四国・松山出身の男たち3人の生きざまを通じて、難局に面していた時代の日本の群像を壮大なスケールで描く。この第3部では、日本が存亡を懸けて戦った日露戦争にフォーカスを当てる。同戦役で最大の激戦となった旅順・二〇三高地の攻防、主人公の秋山真之・好古兄弟が戦った日本海海戦や奉天会戦の顛末を細やかに描写し、明治時代の日本が国家最大の危機をいかに乗り越えたかを、迫真の映像で綴っていく。
キャラクター紹介
秋山真之(本木雅弘)
四国・松山の下級士族の家に、五男として生まれる。親友の正岡子規(香川照之)と大学予備門入学を志し、上京。先に東京へ来ていた兄・好古と同居する。父の死を機に自立を決意、海軍軍人となって日清戦争に従軍。戦後、アメリカとイギリスに留学、近代戦術を学ぶ。日露戦争では連合艦隊参謀を務め、無敵と言われたロシアのバルチック艦隊との決戦=日本海海戦を勝利に導く。
秋山好古(阿部寛)
真之の兄。陸軍軍人。フランスに留学して騎兵を学び、日本陸軍における騎兵の第一人者に。日露戦争では世界最強のコサック騎兵と渡り合う。
正岡律(菅野美穂)
正岡子規の妹。重病を患った兄を看病し、看取る。兄の没後は共立女子職業学校に入学、卒業してから同校の教員に。真之に思いを寄せていた。
高橋英樹(児玉源太郎)
陸軍軍人。長州・徳山藩出身。維新期から西南戦争までの歴戦に従軍。陸軍大学校では好古を教える。日露戦争では陸軍の総参謀長を務めた。
渡哲也(東郷平八郎)
海軍軍人。薩摩藩出身。日清戦争で活躍。日露戦を前に連合艦隊の総司令官に就任。以前から才能を認めていた真之を作戦参謀に抜擢する。