あらすじ毎週更新! 役柄紹介、記者会見リポートも! 2011年秋ドラマ

11人もいる!
10月21日 スタート テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:15〜深夜0:15
出演者
神木隆之介/光浦靖子/加藤清史郎/広末涼子/田辺誠一 ほか
スタッフ・音楽
脚本:宮藤官九郎/演出:片山修/演出:唐木希浩/プロデュース:黒田徹也/プロデュース:中川慎子/プロデュース:小池唯一
主題歌:NICO Touches the Walls「バイシクル」
概要
大家族をテーマに、才人・宮藤官九郎が描き出す新感覚のホームドラマ!
脚本家、演出家、俳優、ミュージシャンとマルチに活躍する宮藤官九郎が、向田邦子賞受賞作「うぬぼれ刑事」(2010年)以来約1年ぶりに手掛ける本作は、“大家族”がテーマ。楽天家の父親と家庭的な母親、そして高校3年生の長男を筆頭に8人の子供たちの計10人が繰り広げる騒動を描くホームドラマなのだが、なぜタイトルが11人なのかは見てのお楽しみ。大家族が出てくるドラマやバラエティーが好きという宮藤は、「どんな人が見ても共感できるような、家族の本質をなるべくシンプルに、さりげなく描きたい」と意欲を語る。神木隆之介や光浦靖子、加藤清史郎、田辺誠一ら芸達者たちが織り成す新たなクドカン・ワールドに期待したい。
キャラクター紹介
真田一男(神木隆之介)
真田家の長男で18歳の高校3年生。気難しくて屈折した性格のため、自由奔放な父とは衝突し、継母との関係もうまくいっていないが、長男は自分を犠牲にしてでも家族に尽くすのが役目と考えており、家計を助けるために新聞配達やガソリンスタンドのアルバイトを掛け持ちしている。
真田恵(光浦靖子)
真田家の母親で、実の妻。カフェの店主。雑誌の取材で知り合った実と結婚し、いきなり7人の子供の母親となり、その後、一児をもうける。実を尊敬しているため、一男とはぶつかることも多い。
真田才悟(加藤清史郎)
真田家の8人兄弟の末っ子で、恵の実子。一男には憧憬の念を抱いている。家族には秘密だが、幽霊が見える。
メグミ(広末涼子)
実の前妻で、才悟を除く真田家7人の子どもたちの母。故人。怨霊。元ストリッパー“二代目ビクトリア蘭子”。舞台写真を撮ってもらった縁で実と知り合う。その写真を見て感動し、「もうこれ以上美しくはなれない」と引退を決意。後妻の恵とは同い年だが性格は正反対。
真田実(田辺誠一)
真田家の父親で職業はカメラマン。平均月収9万円と、芸術家志向で生活能力はないが、生殖能力は人一倍で、8人の子供の父親。前妻メグミの死後、「もう人間は撮らない」と誓うも、うっかりして恵を撮ってしまい、それがきっかけで恵と再婚した。
記者会見情報
向田邦子賞受賞作家・宮藤官九郎が脚本を手がける連続ドラマ「11人もいる!」の制作発表会見が行われ、主演の神木隆之介、広末涼子、田辺誠一らが出席した。このドラマは宮藤が「一度書いてみたかった」という、大家族を題材にしたホーム・コメディーで、両親と8人の兄弟、さらに末っ子にだけ見える前妻の幽霊が登場するという奇想天外なストーリー。主演の神木が「最近は(双子を演じる、福島北斗・海斗の)六助・七男の楽屋に兄弟全員が集まってお昼ご飯を食べています」と、アットホームな現場の雰囲気をさわやかに語ると、宮藤は「僕が子どもの頃には、家族が多い人がいっぱいいまして、最初のころは“にぎやかでいいな〜”なんて思っていたのですが、だんだん中学・高校くらいになると、その意味が分かってくるというか…そんなところも無視せずに描いていきたい思います」と、金曜“ナイト”ドラマの見どころをアピールした。
毎回大爆笑しながら台本を読ませていただいています(神木隆之介/真田一男)
長男の真田一男をやらせていただいている神木隆之介です。一男は、人のために良かれと思ってやっていることが、どんどん空回りして変な方向へ行ってしまうという役です。でも彼は常に全力で、前しか見ていないので「何で俺ばっかりこんな目に遭わなくちゃいけないんだ」と、勝手にどんどん自分で背負い込んでイライラしているという…。だけど、ちゃんとした家族の長男という男です。なので、これからも長男らしく、頑張って前へ進んでいきたいと思います。(宮藤脚本の魅力を聞かれ)そうですね、おこがましいですけれど、言葉巧みなところがすごく魅力だなと思います。日常で言っているようで、言っていない、逆に言っていないようで、考えたら言うかもしれないセリフが、全く違和感なくスゥッと入ってくるので、毎回大爆笑しながら台本を読ませていただいています。
バラエティーの時の悪い自分を全部捨ててやっています(光浦靖子/真田恵)
真田恵役の光浦靖子です。ここ最近、母性の行き場に困っていたので、母親役は願ったり叶ったりで本当に楽しいです。後妻に入ったという役なので、血が繋がっているのは才悟ちゃん(加藤)だけですが、何でしょう…。皆がお母さんと言ってくれるのが本当に楽しいです。バラエティーの時の悪い自分を全部捨ててやっています。宮藤さんの脚本は、笑い声になるような面白さがある。ジメっとしそうになったらスコーンとすかすような、ジメジメしていないところが好きですね。あと説教臭くなくて正義感が揺らいでいなくてライトな感じもすごく好きです。印象的なエピソードと言えば、NGを出したことです。みんなが寝ている時に、メグミ(広末)と才悟が2人のやりとりをしていて、一言だけ私が真ん中あたりで「起きたの? 大丈夫?」というセリフがあるんですが、寝過ごしNGを出しまして清史郎君に「大夫です」と言われ、申し訳ないと思いました。
表情だけのお芝居がとっても難しいですけれど、頑張っています(加藤清史郎/真田才悟)
真田才悟役の加藤清史郎です。僕が始めてセリフを頂いたドラマが脚本が宮藤さんで、監督が片山(修)さんでした。また今回も一緒にお仕事できて、すごく嬉しいです。才悟は、8人兄弟の一番下なんですけれど、僕は3人兄弟の一番上なので、今回、お兄ちゃんやお姉ちゃんが現場にたくさんいて、撮影に来るのが楽しいです。才悟だけに広末さん演じるオバケのメグミさんが見えて、みんなの前でメグミさんと話をするときは“心の声”で会話をしなくてはいけないので、そのときは表情だけのお芝居になるので、そこがとっても難しいですけれど、頑張っています。よろしくお願いいたします。
宮藤さんの脚本は、他の脚本家さんに比べてムダなセリフが多いです(笑)(星野源/真田ヒロユキ)
真田ヒロユキ役の星野源です。今回この中で、僕だけ家族ではないと言いますか、(田辺演じる)実さんの弟役です。最近はあんまりいないと思いますが、昔は結構、家に家族じゃない人がいるということがあり、そんな懐かしい雰囲気を一人で担っております(笑)。真田ヒロユキは…名前は置いておいて(笑)、本当にまじめで、すごく頑張って仕事をしているんですが、それがアダとなってまったくうまくいかないという…。そんな中、この家族と接することで、いい加減とか、力を抜くということを教えてもらって、いつの間にか家族になっているという、そんな役です。僕はずっと昔から宮藤さんにお世話になっているのですが、いつもやっぱりすごいなと思うのが、1話の中にコメディーもシリアスもホラーも人間ドラマも全部入っている気がして、なかなかそんないろんな要素を入れてくる人が他にいないな〜と思うのと、あと、他の脚本家さんに比べてセリフ量がすごく多いんですよ。説明セリフがまったくなくて、ムダなセリフが多いんです(笑)。でも、そのムダなセリフがみんなの気持ちを表していて、神木くんもおっしゃっていましたが、巧みだなぁ、と思います。
遊ぶときは遊び、叱るときは叱る、そんなお姉ちゃんになりたいです(有村架純/真田二子)
真田二子役の有村架純です。二子は母親の代わりに家の手伝いをしたり、弟や妹の面倒を見るしっかり者なので、みんなと遊ぶときはしっかり遊んで、叱るときはしっかり叱る、そんなお姉ちゃんになりたいなと思います。
真田家が本当の家族のようになれたらいいなと思います(金井美樹/真田三子)
真田三子役の金井美樹です。私は今回初めて連続ドラマに挑戦するんですが、その中ですごく不安はたくさんありますが、元気な三子を一所懸命演じたいと思います。そして真田家が本当の家族のようになれたらいいなと思います。
今日は一番よそ行きの格好で来ました(笑)(平岡拓真/真田四郎)
真田四郎役の平岡拓真です。今日は一番よそ行きの格好で来ました(笑)。僕の兄弟は、本当はお姉ちゃんしかいないのですけれど、この現場は、お兄ちゃんやお父さんや叔父さんなど、男の人がたくさんいるので、いやらしい話がたくさんできてすごく楽しいです(場内大爆笑)。撮影頑張ります! よろしくお願いいたします。
とっても元気でパワフルですが、感情が豊かなところもある役です(赤石那奈/真田五月)
真田五月役の赤石那奈です。五月は食べることが生きがいの女の子です。明るくて、とっても元気でパワフルな役ですが、感情豊かなところもあります。みなさんと家族のように仲良くしていきたいと思います。あと、髪飾りも食べ物の絵柄で、それが毎回変わるところにも注目していただきたいと思います。
新しい家族は優しくしてくれるので、とっても嬉しいです(福島北斗/真田六助)
僕の分身が一人いる、真田六助役の福島北斗です。新しい家族は優しくしてくれるので、とっても嬉しいです。もっと頑張りますので、よろしくお願いいたします。
双子なので、気が合うところを見ていただきたいです(福島海斗/真田七男)
真田七男を演じさせていただきます、福島海斗です。双子なので、気が合うところを見ていただきたいです。あと、面白いことをいっぱい言っているので、そこを見て笑っていただきたいです。よろしくお願いいたします。
今、母性のど真ん中にいる私と正反対の役です(広末涼子/メグミ)
前妻のメグミ役を演じさせていただく広末涼子です。光浦さんとは逆で、(今年、第2子を出産し)今どちらかというと母性のど真ん中にいる私に、こんなに乱雑で言葉遣いの悪いお母さん役を書いてくださった宮藤さんに感謝しています(笑)。日常とすごく正反対な役ですが、幽霊とはいってもファンタジーのようなストーリー展開で、そんな空間にいられることが嬉しいですし、脚本を読むのも楽しみで撮影も楽しませてもらっています。宮藤さんの台本は、移動中の車の中でも声を出して笑ってしまうくらい面白いですね。それらの面白さが意味を持っているし、ストーリーに関わるところ以外に散りばめられている、くだらないことも楽しい。こんなことをいつ考えているんだろうなと思うくらい、くだらないことをすごく掘り下げているようなところにピュアさを感じて、いつも楽しませてもらっています。遅い時間の放送ですが、週末なので子どもたちにも起きて見てもらいたいと思うような、ハートフルであったかいお話です。
今回の役は、結構普段に近い感じでやっています(笑)(田辺誠一/真田実)
真田実役の田辺誠一です。貧乏で、いい加減なお父さんです。カメラマン役です。すごくいい加減で、それを長男・一男くんに引っ張ってもらっている親父なんですが、トータルで毎日すごく楽しいです、本当に(笑)。楽しいドラマになっていると思います。楽しすぎて、これは実際(の生活)でもそうなんだと思うのですが、子どもはいつか巣立っていくもので、それまで一緒にいられる貴重な時間というのをすごく感じています。そういった感じをいっぱい表現できたらなと思います。(今回の振り切った役について聞かれ)結構普段に近い感じでやっています(笑)。よろしくお願いいたします。