あらすじ毎週更新! 役柄紹介、記者会見リポートも! 2011年秋ドラマ

DOCTORS〜最強の名医〜
10月27日 スタート テレビ朝日系 毎週木曜 午後9:00〜午後9:54
出演者
沢村一樹/高嶋政伸/比嘉愛未/黒川智花/伊藤蘭/野際陽子 ほか
スタッフ・音楽
脚本:福田靖/演出:本橋圭太/演出:猪原達三/プロデュース:黒田徹也/プロデュース:三輪祐見子/プロデュース:及川博則/プロデュース:松野千鶴子
主題歌:JUJU「Lullaby Of Birdland」
概要
沢村一樹扮する“最強の名医”が腐敗した病院にメスを入れる痛快医療ドラマ
テレビドラマはこれまで数々の名医を送り出してきたが、その決定版がこの秋ついに登場する。その名医こそ「DOCTORS〜最強の名医〜」の主人公・相良浩介で、演じるのはクールな役からコミカルな役まで演じ分ける沢村一樹。笑顔の裏に謎を秘めた“最強の”天才外科医・相良が、腐敗しきった病院にメスを入れていくというストーリーで、「龍馬伝」(2010年)、「HERO」(2001年ほか)などの福田靖が脚本を手がけることから、熱いドラマになることは間違いない。高嶋政伸扮するライバル・森山卓との対決も気になるが、比嘉愛未や伊藤蘭、野際陽子ら共演陣にも注目が集まる。最強の名医が誕生する瞬間を楽しみに待ちたい!
キャラクター紹介
相良浩介(沢村一樹)
堂上総合病院に赴任してきた外科医。端正なマスクと優しい物腰で患者には人気だが、最愛の妻の死をきっかけに、医療のためなら手段を選ばない冷酷な面も持つようになった天才外科医。同僚の医師や看護師に厳しいだけでなく、自分自身にも厳しい。
森山卓(高嶋政伸)
堂上総合病院の外科医。野心に満ちた策略家で、自他共に認める外科医のエース的存在。相良の外科医としての腕は認めるも、やり方の違いから敵対視する。
宮部佐知(比嘉愛未)
堂上総合病院の正看護師。看護師になって9年目で、日々の仕事に疲れて働き出した頃の志をなくしてしまっていたが、相良と出会い、志を取り戻していく。
相原亜美(黒川智花)
堂上総合病院の看護師。仕事に対する自信を失っている。
皆川和枝(伊藤蘭)
堂上総合病院の内科医。シングルマザーの元救命救急医で、今の病院の体制が理想の病院とは程遠いことを悲観している。
堂上たまき(野際陽子)
堂上総合病院院長。赤字が続く病院の経営が悩みの種だが、今後も病院は今の形で続けたいと願っている。新たに雇った相良のやり方に最初は戸惑うものの、やがては良き理解者へと変わっていく。
記者会見情報
木曜ドラマ「DOCTORS〜最強の名医〜」の制作発表がテレビ朝日で行われ、主演の沢村一樹をはじめ、高嶋政伸、比嘉愛未、滝沢沙織、野際陽子ら出演者と、脚本の福田靖が登壇した。同作は、総合病院内に渦巻くさまざまな思惑や医師同士の熱いバトルを描く重厚な医療ドラマ。“エロ男爵”の異名を持つほど下ネタ好きの沢村も、さすがに「今回は脚本が非常に面白く、いつも以上に真面目に取り組んでいます。おかげで下ネタが下手になりました」と神妙に語るが、隣にいた高嶋からすかさず「ウソだ!」という鋭い突っ込みが。さらに、滝沢からも「沢村さんのセクハラは十分すごい。“一緒にお風呂に入ろう”ってしつこく言われてます」と暴露され、会場は大爆笑に。いじられキャラに終始した沢村だが、最後は座長らしく「仕事で行き詰っている人たちのヒントになる」と作品をしっかりとアピールし、説得力のある仕上がりを約束した。
比嘉さんに会った途端に下ネタが抑えきれなくなりました(笑)(沢村一樹/相良浩介)
今回の作品は、普段からドラマが大好きな方に見ていただくというよりは、仕事に一生懸命取り組んでいるんだけどなかなか上手くいかないという人や、人間関係に悩んでいる方々にぜひ、見ていただきたいですね。正攻法で攻めたかと思うと、時に人を欺いたりしながら目標を達成していく相良の姿は、仕事で行き詰まっている人たちを助けるヒントになるんじゃないかと思いながら、日々撮影を頑張っています。実は今回、ドラマを成功させるために、事前に大きな成功体験をしておきたいと考え、二つのことにチャレンジしました。一つは、休みの前日には平気で10時間以上飲むくらい大好きなお酒を断つこと。もう一つは下ネタの封印です。禁酒は成功しまして、今のところは1カ月以上続いているんですが、下ネタは、現場で比嘉さんに会った途端に、抑えきれなくなってしまいました(笑)。なので、比嘉さんが現場で僕に接する時の警戒心たるや、すごいです(笑)。
森山卓は現代医療が抱える問題を象徴したような役柄です(高嶋政伸/森山卓)
僕が演じる森山卓は、現代の医療が抱える問題をそのまま象徴したような役柄で、とてもクセがあって、非常に嫌な人物です。ですから、普段からとても目つきが悪くなっていると思うのですが、この3カ月は目つきが悪いまま頑張っていこうと思っています。沢村さんのファンから道端で刺されるくらい、嫌われる敵役になりたいですね。でも、森山は自分は正しいと思っているんですよね。人を見下した態度を取りますが、自分は偉いから見下すのは当たり前だと思っているし、手術が失敗して患者が亡くなっても、自分の責任ではないから悪いとは思わないんです。すべてに正当性があり、自分では最高の腕を持つ最高の医者だと思っているんですが、それを客観的に見ると、最低の医者なんです(笑)。余談ですが、今回ご一緒させていただいて、沢村さんが本当にエロいんだなということが分かりました。現場で、オペ看(手術室看護師)役の女の子に罵倒してもらうという遊びをしてますからね(笑)。
現場では沢村さんの下ネタに耐えています(笑)(比嘉愛未/宮部佐知)
宮部佐知役の比嘉愛未です。佐知は看護師9年目で、理想と現実との狭間で苦悩し、自分でも気づかないうちに仕事への自信や笑顔を失くしてしまっているという役です。ご覧の通り、素晴らしいキャストやスタッフの皆さんと一緒に撮影することができて、とても楽しい毎日を過ごしていますが、現場で心掛けているのは、沢村さんの下ネタに耐えるということです(笑)。沢村さんは本当にトークがお上手なんですね。なので、話しているとついつい、本音を言っちゃいそうになるんですが、それをなんとか自分でセーブするよう頑張っています(笑)。相良先生が佐知に影響を与えていくのとは逆に、沢村さんには本心を引き出されないようにしています。
自分にしかできない看護師を演じたい(黒川智花/相原亜美)
幼いころから看護師に憧れていたのですが、今回は念願かなって看護師を演じられることになりました。自分にしかできない看護師を演じたいと思います。私が演じる相原亜美は新人看護師役ということで、一生懸命な姿や、元気な明るさを出していきたいと思っています。
性根が腐った佐々井先生を、責任感を持って演じたい(正名僕蔵/佐々井圭)
どうも、はじめまして(笑)。正名僕蔵と申します。佐々井圭という外科の先生役をやらせていただくんですが、佐々井先生は責任感が欠けているどころか、「性根が腐っている」とけなされても致し方ないような人物です。とにかくキャバクラが大好き、みたいなね。そんな体たらくな佐々井先生を、最後まで責任感を持って演じたいと思います。また、沢村さんが禁酒をされているということで、私は敢えて“飲酒宣言”をさせて頂き、沢村さんが控えた分のお酒を消費して世の中のバランスを取りたいと思います(笑)。
内容にエロはありません。沢村さんとお風呂にも入りません(笑)(滝沢沙織/渋谷翔子)
渋谷翔子役をやらせていただいています、滝沢沙織です。翔子は病院の内部の人間ではなく、製薬会社のMRなのですが、病院内の問題や個人情報などを誰よりも把握しているかもしれない人物で、善と悪、どちらに転ぶか分からない役です。私自身もこの先、どうなっていくか楽しみです。撮影現場では、沢村さんとのシーンが多いんですけれども、沢村さんのエロトークで大変和んでおります。撮影は楽しく進んでいますが、内容にエロはありませんので、よろしくお願いします。あと、沢村さんとは絶対、お風呂に入りません(笑)。
何かを変えてみたいと思い、Tバックを封印しました(敦士/高泉賢也)
ドラマの制作発表に出席させていただくのが初めてでして、動いていないと心がどこかに行ってしまいそうなほど緊張しています(笑)。僕が演じさせていただく高泉賢也は、ぬくぬくと育ってきたせいか空気が読めず、向上心もない若手外科医です。そんな彼が相良先生と出会い、どう変わっていくのか、楽しみにしていただきたいです。今回は初めての医者役なのですが、頭の良さや頭の切れなど、医者っぽいところが自分には何一つありませんでした。そこで、何かを変えてみたいと思い、Tバックを封印してまして、ピタピタッとした新たな勝負パンツで撮影に挑んでいます(笑)。沢村さんのエロトークにも俄然、乗っていこうと思います!
出演者としてだけでなく、一視聴者としても楽しみたいです(小野武彦/桃井正一)
堂上総合病院の事務長の桃井正一役をやらせていただきます、小野武彦です。作品的には、沢村君がいつになく真面目にやっています。劇中では、森山先生をはじめ酷いお医者さんばかりなので、沢村くんが際立って良く見える作品です。でも、その酷い先生たちがどのように変わっていくのか、私も出演者としてだけでなく、一視聴者としても楽しませていただきたいと思っています。
沢村さんとは男女を越えた友情を育んでいけそうです(伊藤蘭/皆川和枝)
私が演じさせていただく皆川和枝は、堂上総合病院の内科医で、相良先生と出会ったことをきっかけに、患者さんのためのより良い病院を作っていこうという新たな志を抱く役どころです。病院と闘っていくという設定ではあるんですが、女性ならではの細やかな視線や雰囲気などは失わないように演じていけたらと思っております。沢村さんとは男女を越えた同志としての友情を育んでいけそうな気がします。これから寒くなるので、風邪を引かないように気をつけて、撮影に臨みたいと思います。
最終回で相良先生と再婚する展開になればいいと思います(笑)(野際陽子/堂上たまき)
このような体たらくな医者たちを抱え、運営方面で苦悩している院長役です(笑)。今後の展開は分かりませんが、スーパーマンのような相楽先生が再建に力を貸してくださるはずなので、多分、病院がつぶれることはないと思います。なので、個人的には、最終回で私が相良先生と再婚し、ダメな甥っ子(長嶋演じる森山卓)には跡を継がせないという展開になればいいなと思っております(笑)。ドラマの撮影中は、なるべくお医者様にかからないよう節制をしたいと思っております。このドラマのようなお医者様かもしれないと思うと、ちょっと怖くてかかれませんしね(笑)。ともあれ、今回のドラマは本当にすごいです。私は、最初の何分かは息を止めて見ていました。その中で、相良先生もすごいんですが、卓ちゃんもすごいです。冬彦(野際が以前に出演したドラマ「ずっとあなたが好きだった」の名物キャラクター)を思い出してしまいました(笑)。