あらすじ毎週更新! 役柄紹介、記者会見リポートも! 2011年秋ドラマ

水戸黄門
7月4日 スタート TBS系 毎週月曜 午後8:00〜午後8:54
出演者
里見浩太朗/東幹久/的場浩司/雛形あきこ/林家三平/内藤剛志 ほか
スタッフ・音楽
脚本:黒土三男/監督:金鐘守/プロデュース:中尾幸男/プロデュース:小野鉄二郎/プロデュース:樋口祐三/プロデュース:進藤盛延
主題歌:「あゝ人生に涙あり」
概要
里見浩太朗らおなじみのメンバーが再結集、水戸老公御一行が新たな旅へ!
“勧善懲悪”時代劇の大人気シリーズの最新作がスタート。今回も水戸老公御一行が、旅先で出会った弱き人々を助けながら行脚する。出演は大黒柱の里見浩太朗をはじめ、前作より一新されたレギュラーメンバー、東幹久、的場浩司、雛形あき子、内藤剛志、林家三平が再結集。なかでも注目は、本シリーズでの共演を機に国分佐智子との婚約を発表した林家三平。プライベートでは美人妻をゲットした三平だが、最新シリーズでは、どんな“ちゃっかり”ぶりで魅せるのか、期待したい。
キャラクター紹介
水戸光圀(里見浩太朗)
水戸藩二代目藩主。現在は隠居の身。優しさと厳しさを併せ持ち、困っている人を見ると放っておけない世話焼きな性格。
佐々木助三郎(東幹久)
老公に忠義を尽くす水戸藩士。代々祐筆の家柄で、道中日誌を書き、旅の資金も預かっている。
渥美格之進(的場浩司)
水戸で馬廻り役を勤める藩士。柔術の達人だが、女性には奥手。道中は印籠を預かっている。
楓(雛形あきこ)
棒術の達人で、父の知り合いの弥七が老公の警固役を探していると知り、自ら志願した男勝りな娘。
八兵衛(林家三平)
一行の宿の手配や道中を案内する先達の役目を担う。少々頼りないところもあるが憎めない男。
風車の弥七(内藤剛志)
元義賊の忍者。旅先では一行と別行動をとり、悪事の情報収集を行う。トレードマークは赤い風車。